神戸よさこいまつりとは

 「神戸よさこいまつり」は、地域の活性化および青少年の居場所づくりを目的として始められた「よさこいまつり」です。

もともと神戸垂水よさこいまつり振興会が主催となって、「神戸垂水よさこいまつり」として2000年に垂水で始まり、2002年からはハーバーランド運営協議会来街促進委員会も共に主催団体として加わり、「ハーバーランドよさこいまつり」も同時開催されるようになりました。

そして今では、この二つをあわせた「神戸よさこいまつり」と呼ばれるお祭りを、神戸よさこいまつり学生実行委員会が2方のご協力を得ながら運営をしております。


 第1回では参加チームが28チームの小規模なお祭りでしたが、今では約100チーム約3000人もの踊り子にご参加いただく大きな祭になりました。そして今年は第20回を記念し、皆様に感謝を表すとともに大きな企画も用意しております。


 「よさこいまつり」は、どんな人でも共有することができる交流手段の一つです。
年齢、性別などの参加規定は一切なく、誰もが自由に参加することのできるお祭りです。
その中でも「総踊り」と呼ばれる踊りは、踊り子や観客の枠を超えて全員で踊ります。
踊りを通じて生まれる交流、自然にあふれる笑顔、そして皆で一つのことを成し遂げた感動・・・。
汗、涙、笑顔、いろいろなエネルギーに満ち溢れた素晴らしい空間を創ることのできるお祭りが「よさこいまつり」なのです。

 また、神戸よさこいの特徴のひとつが運営体制にあります。
神戸よさこいまつりは、関西の学生によって構成された実行委員会がボランティアとして企画・運営しており、日々、神戸よさこいまつりに関わる全ての皆さんに楽しんでいただき、神戸よさこいまつりが垂水、ハーバーランドの地を盛り上げる一助となれるように頑張っています。

​神戸よさこいまつりの軸

​「 出逢い 」

 神戸よさこいまつりは、『出逢い』を1番の軸として活動させていただいております。人と人との出逢いはもちろんのこと、その土地やよさこいそのもの、魅力との出逢い…。時には人生を変える出逢いかもしれませんが、気付きもしない出逢いがほとんどです。その小さな出逢いに気付けるような、大切にできるようなまつりを目標として頑張っております。
 また、地域が活性化するようなまつりになることを目指しています。このまつりが、地域の人たちにとって元気の源となるようなまつりにできたら嬉しいです。いずれは地域一帯となり、神戸よさこいまつりをひとつの大きな愛されるまつりにしていけるよう努力し続けます。

 そして、このまつりは学生が主体となり実行させていただいております。学生といえば、まだまだ未熟かもしれませんが、いい意味で馬鹿です。いろんな方に助けられ支えられながら、学生にしかできないやり方で神戸を盛り上げていきたいと思っております。

 みなさま、ぜひ応援よろしくお願いいたします!

2019年度コンセプト

「 Let’s 宴joy!~みんなで神戸わっしょい~ 」

 踊り子たちのまつりに対する想いには、演舞を観てくださる方々への感謝や、共に演舞を作り上げる仲間とともに全力で楽しみたいという高揚感があります。踊り子自身も、そしてまつりに関わる全ての方々も、皆が一体となって宴のように楽しめるまつりにしたいという願いが今年度のコンセプトに込められています。
 また、本まつりの総踊り曲「神戸わっしょい」を、踊り子も観客も関係なくみんなに踊って楽しんで欲しいという思いも込めました。

​神戸よさこいまつり公式キャラクター

名前:しんべえ(一般公募により次郎丸綾香さんに命名していただきました!)

年齢:130歳
性別 : 不詳
体長 : 気分で変わる
重さ : 不詳(絶対に教えてくれない)

 ひょっこり海から顔を出してやって来た海坊主の妖精。
 かれこれ19年間神戸よさこいまつりを海から見ていたが、どうにもおまつりが楽しそうで20年目の今年、ついに姿を現した。
  とにかく、楽しいことが大好き。三度の飯より"総踊り"好き。好きな総踊り曲は「神戸わっしょい」。まつり愛が強く、my鳴子を持っているほど。
 よく、「頭に付いているのはポートタワーと海洋博物館のカワサキワールドだよね?」と聞かれるが、これ、珊瑚なんです。

  表情豊かな子で、楽しい時はひれをパタパタ動かし、飛び跳ねる!ぜひ、いろんな表情のしんべいもお楽しみに♪

お問い合わせ先 神戸よさこい学生実行委員会

参加チーム向け 

チーム以外の方向け  

copyright (c)2019 神戸よさこいまつり all rights reserved.

  • Twitter
  • Instagram